顧客・ファンを獲得し維持するためのマーケティング実践

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「マーケティングだなんてうちのような小さな会社には関係ない。」「自分は個人事業だしマーケティングなんて大企業がすることでしょ?」なんて思っていないでしょうか? でもこの認識は誤りです。これからは誰しもが(法人に関わらず個人も)マーケティングを学ぶ必要があると考えます。

実際、マーケティングの定義は幅広く、集客から顧客の維持に関するビジネス活動全般のことを指します。また、選挙活動や宗教活動のようなビジネスとは違う分野にも、マーケティングは必要とされています。マーケティングはよく恋愛に例えられることがあるように、個人としての活動にも、マーケティングの考え方やマーケティングスキルは役に立ちます。

結局マーケティングとはなにか?

マーケティングとはなんでしょうか? マーケティングの神様と言われるフィリップ・コトラーは、『(マーケティングとは)個人や集団が製品や価値の創造と交換を通じて、そのニーズやウォンツを満たす社会的・管理的プロセスである』と言っています。

また、マネジメントで多くのビジネスパーソンにおなじみの故ピーター・ドラッカーによれば、『マーケティングの究極の目標は、不要なセリング(売り込み)を不要にすることだ』とされています。

ただし、マーケティング活動の必要性がビジネスの現場だけにとどまらないことを踏まえると、誰か特定の対象、もしくは集団に、何か特定の行為を円滑に取ってもらうため活動と言えそうです。

特定の行為とは、商品やサービスの購入かもしれません。募金かもしれません。飲み会への参加かもしれませんし、教育活動や啓蒙活動かもしれません。友達になってもらうことや、恋人になってもらうことかもしれせん。あなたが誰かに何かを要求する行為はセールスと言えますが、その時に「YES」と言ってもらいやすくする活動、それこそがマーケティングだと思います。

この与えたいものや伝えたいこと、つまり新しい価値や考え方などを、対象とする広めるための活動だと言えるのではないでしょうか。そこに金銭的なやり取りが発生するしないも関係ありません。

そんなぼくたちの生活のあらゆる場面で必要とされるマーケティングスキル。無理なセールスや押し売り、押しつけなんかせずに、あなたの要求やオファー、提案に「YES」と言ってもらうためのマーケティング。

顧客と長期的な関係を築き、売上を安定させるためのマーケティング。このサイトでは、実践から得たマーケティングの秘訣や最低限押さえたおきたい基礎知識などをお伝えします。

Table of Contents

ダイレクトマーケティングの基礎

コンテンツマーケティング

  • コンテンツマーケティング実践

ソーシャルメディア

動画マーケティング

マーケティングのアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加