【続】横幅いっぱいのヘッダーやフッターにするCSSテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
web design

ヘッダーやフッターなどがブラウザの横幅いっぱいに広がっているウェブサイトをよく見ると思います。そういった表現を実現しようという趣旨です。スタイルシートを活用して、画面いっぱいに広げたいと思います。

以前、どのような考え方でCSSを変更し横を画面いっぱいに広げればいいのかということをまとめたのですが、実はある問題が発生していました。

問題)レスポンシブデザインに対応できなくなった

横幅を広げるとレスポンシブル非対応Twenty Elevenはもともとレスポンシブデザインになっていました(レスポンシブデザインって何? という場合は、ググってみてください)。しかし、横幅いっぱいにヘッダーやフッターを広げると、なぜかレスポンシブデザインではなくなってしまったのです。iPhone で確認すると、サイトは単純に縮小されたように表示され、第一印象では「小さすぎて何が書かれているか分からない……」という感じです。なのでタップして拡大しないといけません。

そういう不具合もあり、レスポンシブウェブデザイン対応の Twenty Eleven であるにも関わらず、WPtouch というプラグインを使ってスマホ表示を最適化していました。

しかし、せっかくのレスポンシブデザインを無下にするのももったいないと思い、なんとか解決してみようと思いました。また、レスポンシブデザインが昨年から流行のようなので、対応するための考え方や基礎を知るためにも必要な取り組みでした。

そういうわけで、改めて、ヘッダーやフッター、またはナビゲーションメニュー(グローバルメニュー)などを、ブラウザの横幅いっぱいに広げて表示させるカスタマイズ方法をまとめたいと思います。

ブラウザの幅を超えて表示させるCSSの基本的な考え方

こちらは過去にメニューやヘッダー背景だけをブラウザの横幅いっぱいに広げる方法の記事で取り上げていますので、詳しくはそちらを見て頂きたいのですが、簡単にまとめておきます。

メニューやヘッダー背景だけをブラウザの横幅いっぱいに広げる方法
これ、よく使う CSS テクニックなのでメモしておきます。サイトの横幅を超えて、ヘッダーやメニューをブラウザの画面一杯に広げる方法です。WordPress の Twenty Eleven に関してのメモですが、CSS のテクニックですし基本は同じなのでどんなテーマでも( WordPress じゃなくても)応用ができると思います。 ...

ナビゲーションをブラウザいっぱいに広げる仮説

主にマージンとパディングによって実現しています。ネガティブマージンという、マージンに負の値を指定して要素をはみ出す方法を使います。しかし、そのままだと中のコンテンツまではみ出してしまうので、パディングで同じ値だけ内側に押し込みます。そうすれば、見かけとして上の図のような、メニューなどの要素が body をはみ出して表示されるようになります。

ただし、このままだと右にいくらでもスクロールができてしまいます。マージンがはみ出した分、サイトの幅自体が広がってしまったのです。

メニューを横に広げたら、どこまでも横にスクロールされる

そこで登場するのが【 overflow 】です。これを使うことで、はみ出した要素を表示させないようにできます。overflow を使うときのポイントは2つです。

  • ひとつは 1 番基礎となる要素【 html 】は【 auto 】を指定
  • html 上にある【 body 】は【 hidden 】を指定

【 overflow: hidden; 】によって、ブラウザの幅をはみ出した部分を非表示にしてくれます。なので、マージンを広げてもブラウザの幅以上にサイトが広がって表示されることはありません。そういうわけで、過去の記事に書いていた CSS の指定方法はこちらでした。

ただ、既に言ったようにこれだとレスポンシブデザインに対応してくれなくなります。そこで、Twenty Eleven のレスポンシブデザイン対応を活かしつつ、ブラウザや背景いっぱいに要素を広げて表示させる方法が必要になります。

結論)追記するのは overflow だけで良かった件

上記の書き方は、参考にさせて頂いたサイトからそのまま引っ張ってきたものなんですが、どうも Twenty Eleven の場合、不必要な記述があるようでした。まず、【 min-width 】はいりません。これが一番の原因です。これのせいでレスポンシブデザインがレスポンシブルじゃなくなっていたわけです。

また、【 position:relatvie; 】も不要でした。これが無くても問題なく横幅を広げられるようです。ただし、他の要素との関係で、【 positoin:relative; 】の指定がないと上手くいかないことがあったので、適宜追記して頂くといいと思います。なんかうまくいかない時は、position プロパティを疑ってください。

要するに、以下をスタイルシートに追記すればOKです。

そして、ブラウザいっぱいに広げたい要素にネガティブマージンとパディングを指定します。この書き方に関しても、まとめて記述するより分けて記述した方が安全です。なぜなら、元々上下にマージンやパディングが指定されていた場合、うっかりその指定を打ち消してしまう可能性があるからです。そういうわけで、以下のような書き方がいいと思います。

Twenty Eleven の場合、記述する場所は以下のようになります。

ヘッダー #branding
グロナビメニュー #access
フッター #site-generator
フッター(ウィジェット部分) #supplementary

画面いっぱいに広げたい要素のidと【 #example 】を置き換えてください。

さて、以上でうまくいくはずです。画像じゃ分かりにくいですが、スマホで表示した際にレスポンシブデザインに対応しています。

横幅広げてレスポンシブ対応

スマホ(iPhone)での表示

ぜひ試してみて、そして実際に確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メール講座

WordPress を活用している
社長、フリーランス、ウェブマーケターのための

ホームページ制作の 3 つの間違い
売上を上げるフレームワークを無料公開中……

無料メール講座

もっと楽に、簡単にホームページを作れないものだろうか?
もっと楽に、簡単にインターネットから集客できないものだろうか?
もっと楽に、簡単にインターネットから売上を上げられないものだろうか?

そんなことを思ったことがある方のために、このページを用意しました。

私たちは、ウェブマーケティングに携わる中で、多くの人が陥っているある「勘違い」に気づきました。

その勘違いとは・・・

コメント

  1. いっちゃん より:

    どうしても画面いっぱいにならない問題で、作業始める前から憂鬱でしたが、こちらのページを作業前に検索で見つけました。
    作業に入って1分で画面いっぱいに表示されるようになりました。
    もう、涙が出るほどうれしいです。
    ありがとうございました。m(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。